DJ MAKOTO / Sweet Motion 〜Black Contemporary Mix〜(青盤)[MIX CD] - 時代を遡り、巷で密やかに再ブームになりつつあるブラコン!

[ NEW / MIX CD / MK Finest Rec. ]

1,200円(税込1,320円)

DJ MAKOTO / Sweet Motion 〜Black Contemporary Mix〜(赤盤)[MIX CD] - 時代を遡り、巷で密やかに再ブームになりつつあるブラックコンテポラリー!

◆作品紹介
80年〜90年代前半にかけ流行した、ウェット且つ洗練されたソウル・ミュージック「ブラック・コンテンポラリー」をDJ MAKOTOが膨大なVINYL音源よりセレクトしMIX。
ANITA BAKER、BY ALL MEANS、CALLOWAY、FREDDIE JACKSON、GARRY GLENN、GERALD ALTSON、HOWARD HEWETT、KASHIF、TEASE、THE MANHATTANS、WHISPERS等々、名曲から元ネタ人気の高いメロウなスロウジャム、ゆったり踊れるドラマティックなディスコサウンドまで、余すことなく当時の甘美な情景に誘います。赤盤・青盤2枚を同時リリース!!

ーーーーーー

【Text By RYJZ1】


ブラコンのドラマは続く。

本作は同時リリースされた
「Sweet Motion 〜Black Contemporary Mix〜(赤盤)」の続編とさせて頂く。
赤盤を是非とも聴き終えてこちらを読んで頂ければ幸いだ。

・・・

赤盤で見せた早めのテンポはそっとクローゼットへしまい込み、こちらの青盤は飽くまで全編にわたり甘く切ない都会の愛の語らいだ。

個人的にBabyface作ではトップクラスに入るAfter 7[Ready Or Not]の収録をはじめ、El DeBargeの透明なハイトーンボイスが全てを包み込むDeBarge[Queen Of My Heart]、正に80年代の都会的サウンドを象徴しているかのようなNicole[Newyork Eyes]といったブラコン代表曲が止めどなく溢れ出す。

そして以前も言及しているが、「ラストのMAKOTO」とでも名付けたくなる彼の閉幕への演出は今作ブラコンにおいても健在。

Jam&Lewis作の中でも屈指のSlow、Herb Alpert[Making Love In The Rain]からラストの…
種明かしは伏せておこう、ぜひ湿度の高いピリオドを実際にご堪能頂きたい。

青盤で筆者が感じたキーワードは先のHerb Alpertのタイトル中にもあるRain、「雨」。
ブラコンという一括りの中で様々なタイプのSlow JamがMIXされていく中、気づけば湿ったドラム、潤いあるシンセ、濡れた声といった「雨」を彷彿させるような曲たちが自然と繋がり1つのドラマを作り出していた。

窓の外はやわらかい雨、その様をうつけて見つめているとふと肩にかかる暖かい手。
東京の恋人たちに青い雨が優しく降り注ぐ。

青盤は雨のイメージの青だったのだとしたら。
エッチなチョイわるDJですよ、MAKOTOさん。


RYJZ1


*****************

・TRACK LIST(青盤)
1、SAY YOU LOVE ME AGAIN / CHANGE
2、SECOND TO NONE / SHARP
3、LOVE CIRCLES / CALLOWAY
4、READY OR NOT / AFTER7
5、STAY A LITTLE WHILE / GERALD ALTSON
6、WHERE DID WE GO WRONG? / THE MANHATTANS FEAT.REGINA BELLE
7、ARE YOU STILL IN LOVE WITH YOU / KEITH WASHINGTON
8、QUEEN OF MY HEART / DEBARGE
9、FAITH WALKING PEOPLE / PASSAGE
10、PLAY YOUR CARDS RIGHT / KEVIN MCCORD
11、GOOD LOVE / ANITA BAKER
12、MIDNIGHT LOVE / STARPOINT
13、LOVE CHANGES / KASHIF FEAT.MELI'SA MORGAN
14、MY KIND OF MAN / LA LA
15、INSATIABLE WOMAN / ISLEY JASPER ISLEY
16、SOFT MUSIC / TEASE
17、LA LA LOVE / BOBBY ROSS AVILA
18、HEAVEN / WALTER & SCOTTY
19、YOU CAN DEPEND ON ME / THE DELLS
20、JUST LET ME LUV YOU / STROKE
21、NEWYORK EYES / NICOLE
22、THAT'S WHAT LOVE IS / MIKI HOWARD DUET WITH GERALD REVERT
23、TO THE MAXX / SUAVE
24、SO INTO LOVE / LA LA
25、MAKING LOVE IN THE RAIN / HERB ALPERT FEAT.LISA KEITH
26、MYSTERY / ANITA BAKER

【DJ MAKOTO PROFILE】
1997年よりDJとしてのキャリアを本格的にスタート。
レコード屋での下積み時代にDJの本質とアナログ愛を学び、現在に到るまで六本木、渋谷、恵比寿、横浜など都内近郊のイベントを中心に精力的に活動。
昨今は、現在の居住の地である渋谷〜横浜間のど真ん中、小杉〜新丸子近郊のBLACK MUSIC LOVERの開拓に務めながら、都心の数々のイベントに出演する。中でも長きにわたる盟友、716 From MIDICRONICA 、DJ KiMJUN 、DJ YAMAらと共に立ち上げたイベント「FLIP Da STYLE」は、渋谷の老舗club bar Familyで16周年を迎える驚異的な長寿イベントとして現在も開催し、レジデントDJを務める。
自身が最も得意とする80〜90年代の「歌物」で培われた曲の良さを引き出す選曲と聴く者を魅了する至極のMIXテクニックで、数々のヒットシリーズ作を生み出してきたDJ'sからも一目置かれている。
日々VINYLと共に気持ちよくのれるDJとは何か? を探求し続けている。

イメージはありません。

カテゴリーから探す